【train4】上野東京ライン・湘南新宿ライン 2018年版

開業から3年…




3年ぶりに制作。
以下、開業時から大きく変わったところを…

≪東海道線≫
下り快速アクティーの普通との接続駅が国府津から平塚に変更。
いままでの接続では鴨宮に行く人にしか恩赦がなく、国府津もホーム替わっての乗り換えで不便だった。

↓改正前
画像

↓改正後
画像

アクティはいままで戸塚で湘南新宿ライン平塚行きを先に走らせるために横浜までゆっくり走って続行していたのを改めたから東京→平塚で4分ほどスピードアップ。いっぽう、湘南新宿ライン平塚行きはこのアクティーを先に通すために横浜で3分ほど時間調整することになった。だったら戸塚まで走らせて相互に連絡したほうが便利なように思うのだが…
その他、平日夕ラッシュ時の下りで運転間隔の調整が行われている。

≪高崎線≫
平日上りラッシュ時に熊谷始発のスワローあかぎが登場。下りスワローあかぎは停車駅が統一。特急草津は行き先が長野原草津口に変更。あかぎの一部列車が削減。
平日上りの通勤快速のうち1本が普通に変更など

≪常磐線≫
大幅な増発が行われて、当初は設定がなかった朝ラッシュ時に土浦方面の普通列車が登場。
下りの特急列車は品川の発車時刻が1分繰り下がってスピードアップ。



その他、混雑が激しかった列車で10両から15両への増結が実施されてる。車両自体も数編成増備されたのかな?



画像

高崎線と宇都宮線はmapを作り直しました。
まだまだ試行錯誤…

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック